【株式投資】投資で勝っている(上手くいっている)人の特徴とは?GW前の戦い方、人間心理を読むためには?

はい、どうもこんにちは!

株タンです。今日はですね、GW前の戦い方と人間心理を読むということ、そして最後に勝っている人うまくいっている人の特徴について解説したいなと思います。

連休前!投資では必ずこれをせよ

まず、GW前の戦い方に関してなんですが、日本ではGWが4月27日から5月6日までの10連休になると言われています。
株式相場に関しては日本が休みや祝日に関しては全部休みになります。

で、こういう休みの日とか、連休の間に稼働日があったりするとあまり活発に相場が動かないんですよ。
その理由は、多くの方が休暇を取って海外にいったり、相場に参入する人が減っているからです。

基本的にはやらない方がいいかと思いますが、GWの間、もしくは前に手仕舞いして終わるのがいいと思います。

4月に関しては27日が土曜日なので、26日金曜日に最終売買にした方がいいかと思います。そして5月は、7日から日本企業も動きますし、稼働日だと思うので始めるのであれば7日からでいいと思います。

基本的に長い休みは何があるかわからないのでポジションの整理するとか、現物も先物株も全部整理と。

そして、為替に関しても変動ありますので、絶対に手仕舞いの方がいいと思います。仮想通貨に関しても、持っている方は手仕舞いした方がいいです。

なぜ手仕舞い?その理由を人間心理的に紐解いてみる

ではなぜ、手仕舞いした方がいいか人間心理を説明します。

まず、そもそも旅行にいったりとかそういう計画をしている人が多いため、参入者が少ないということです。
前日とか直前になって計画する人は少なく、海外とかとなると事前に家族と休日を調整してホテル取ったりとかしているはずなんです。

前日とか直前になって計画する人は少なく、海外とかとなると事前に家族と休日を調整してホテル取ったりとかしているはずなんです。

そういう理由から参入者が減っていきテクニカルが効きにくくなるというわけです。

そしてもう一つが、どうして株とか為替を買っているかというと最終的にはお金に変えるために買っているわけです。
ということは長い休み前ってお金が必要になるので事前に手仕舞いしているわけです。

例えば出金をしたいとなれば3日前くらいに手仕舞いしていないとだめなんですよ。反映されるのが証券会社によって違いますがだいたい2〜3日前なんです。
なので、多分4月23日とかあたりにはポジション整理して、26日には出金して海外にいくというスケジュールが人間心理的に考えられるわけです。

つまり、4月22日の週には手仕舞いして出金してお金に変えている人が多いという心理になりやすいというわけです。

株とか為替というのは最終的にはお金に変えるために買っているわけですから手仕舞いする人が増えてくるというわけです。
ということは少し下がりやすくなるということです。

おそらく知識を持った人が手仕舞いしていると思います。

私はずっとプロでやっていますので、動画などを見てくれている方達は大丈夫だと思いますが、株を全くやったことがない人たちは、持ち越してしまうと思うんです。そうなると、その方たちが食らってしまうということです。

下がってしまったら怖いので、その被害を受けないために5月7日からまたスタートしましょうということです。

為替も同じで、テクニカルが効きにくくなりということ、日本人が参入しにくくなるわけです。

理由としては欧州とNY市場と日本市場が空いている時に多くの方が参入するので、かなりテクニカルが効きやすくなるんですけど。

どれか一つの市場がしまっているときは動きにくさということがあります。

これは単純に参入者が減ってしまっているからです。NY市場がしまっていて、アメリカが休みの時も動きにくいし、日本が休みの時も動きにくいんです。
なので、そういう時は警戒した方がいいです。

人間心理的にいうと手仕舞いしたくなってしまうからというわけです。
なので、持っている方は素直に手仕舞いしましょう。

投資で勝つ人、負ける人

最後に、勝っている人うまくいっている人の特徴を話していきます。

これは結構質問をもらったので、どういう人がうまくいっているんだろうとういうことを紐解いてみたいと思います。まず、損切りばっかりでうまくいっていなかったのに、急激にうまくなるひとが世の中にはいます。

よく報告をいただいていて、僕がよく伝えている内容でうまくいっている方も多くて嬉しいです。

で、人が変わる瞬間というのがあってこれは「覚悟を持った瞬間」だけです。

覚悟以外全てを捨てた

どういうことかというと、例えば僕は元々ガチガチの営業だったんですよ。
別にうまいとかそういう訳ではないですが。だからインターネットビジネスという畑に元々いた訳でもないし、プログラミングができたとかインターネットのリテラシーが高いとか、投資がうまいとかでもないんです。

だから全然違う畑からインターネットビジネスや投資のビジネスにいったんですよ。

で、家族で投資をやっている人も誰もいなくて、なぜこの家系に投資をするやつが生まれたのかっていう不思議なくらい知識もなく下手でした。
そこから勉強してやったんですけどね。

で、いつも覚悟が必要だなと思っておいて、例えば、僕はインターネットビジネスをずっとやってきたんですけど3年間は誰とも口を聞かずに、女性とも連絡を取らず。

普通男性なら女性と遊びたいとか思うと思いますし、女性なら逆も然りです。で、3年間それをたったんです。3年間インターネットビジネスをマスターすることを誓ったんです。それは当然誰でも誓うことはできると思うんですよ。

口で言えば誓えるんで、だけどそれでは弱いと思って僕はインターネットビジネス以外の情報を全て遮断するために家を放り捨てたんです。

つまり、事務所に泊まって事務所と一緒に生活しようと。

そして全てをインターネットビジネスに注ごうと思って居住地を捨てたんですよ昔。で、住み込みでやりました。そして服とかも全部捨てました。
本当に当時は全然知識も武器も何もなくて、とにかく集中するために全てを捨てたんですよ。

シャワーも別に浴びなくていいや、という状態で。
まあ、流石に浴びてましたけど笑。

そして机の下に布団敷いて寝ていたんです。それくらい没頭していたんです。
これをやった時にびっくりするくらいリテラシーと技術が上がったんですよ。
これを経験しているので、ある程度形になるんだなってわかったんですよ。

そこから、株とかもその全てのうまくいったパターンでやるようになったんです。

つまり、覚悟を持ってある程度の時間ををかけるとある程度のところまでは行くんです。そこからは技術の習得とか、自分の練習の仕方とかでうまさが変わってきます。覚悟を持って練習量を重ねるとうまく行くんです。

だから、この形はインターネットビジネスでも投資でも同じなんです。覚悟を持っている方が結構うまく行くんです。

例えば、他にいうと、デモトレードをやっている人というのはリアル感が足りないんですよ。だからデモからリアルにした瞬間にリアルトレードでやり続けたらうまくなるんです。

だから僕はリアルから学べることの方が多いと思っているので、ある程度デモでうまくいった、基礎がわかったらすぐにデモトレード卒業してリアルトレードにやった方がいいです。ルールがわかっていない段階でリアルトレードに入ってはいけません。これはちゃんとルールをわかった上でやってください。

で、僕はもともと会社員だったので、会社員を批判している訳ではないんですが、会社員の時って僕の思考だと、別に働いても働かなくても、遊んでとか休憩とかしても月の給料は入るので、それでもいいかと思っていたんです。

でも、起業ってそうじゃないんですよ。1日1日が焦りと未来の不安との戦いだったんです。

で、ある程度基盤ができればこういう風にやっていけば右肩上がりに行くんだってわかるので、大丈夫なんですけど。でも、それまでは不安で明日生きれるかどうかわからない、これが起業だと思います。

だからその場で覚悟を持ってやらなきゃいけないくらいのところで仕事をやるとうまく行くんです。

海外移住も簡単じゃない

移住もそうですけど、移住ってなかなか覚悟がないと難しいです。

例えばマレーシアって英語圏なんですけど、英語が話せれば問題ないですが僕は元々全然話せなかったんです。そこから英語のレッスン通ってそこから少し話せるようになったんです。

あとは現地の人たちと毎日話す。で、徐々に習得していったんです。
英語圏の生活にいきなり飛び込めってちょっと抵抗ありますよね。で、これは覚悟を持った人たちが話せるようになるんです。

よく日本で英会話通っているけど全然話せませんという人がたまにいますけど、これは覚悟の問題だと思うんです。

なんでかというと、英語を話せなくても日本で生きていけるじゃないですか。
マレーシアに来て法人とか持つと、ガンガン銀行から電話かかってきたりとか会社の件でメールがきたりとかするので結構厳しいんですよ。

だから覚悟がいると。で、必要だから覚えるんですよ。

覚えないと生きていけない、死ぬっていう極限まできたらすごく覚えるんです。これが覚悟の差です。

あとは、株、為替のトレードをしてもう負けられない時にエイヤーでエントリーしないと思うんですよ。
もう負けられない、ってなったらエントリーの箇所を厳選するはずなんです。

つまり強制的にやらないと死にそうになる環境に入ることが覚悟だと思っています。

覚悟がある人がうまくいっている感じです。
で、僕も基本的には追い込まれないとちょっと難しいかなと。
夏休みの宿題とかもそうだと思うんですけど、僕はギリギリにやるタイプだったんです。やばいってなったら人ってやるんですよね。

追い込まれないとできないのが、人間だと思うんですよ。

これはあなたが悪いっていっている訳ではなくて、人間がそういう風になっているんです。

じゃあどうすればいいかというと、自分を強制的にやらないといけない環境に追い込むということが大事なんです。それを覚悟を持ってやるとうまく生きます。

これが勝っている人、うまくいっている人の特徴だと思います。

ぜひ参考にしていただければと思います。

最後に

ぜひ僕のライン@に登録して投資や人間心理ついて学んでみてください。

ライン@登録はこちら

メルマガも配信していますのでぜひこちらから登録してみてください。

メルマガ登録はこちら

ブログの内容はYoutubeでも話しています。チャンネル登録してない方はぜひ登録してください。

チャンネル登録はこちら

今日は以上です。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です