年収1億稼ぐ人のお金の使い方 とは?




こんにちは!僕は株で月収1000万を稼いでいる、投資家の株タンです。


初めて僕のブログを読む方もいらっしゃるかと思うので、
僕の自己紹介記事はこちらです!良かったらみてくださいね!



突然ですが、あなたは、年収1億稼いでいるとします。



お金はもちろん自由に使うことができますが、どんなことに使いますか?


マンションを買ったり、高級料理店で毎日外食?
夢が膨らみますね!



今日は、僕が1億稼ぐようになって、
普段どんなお金の使い方をしているのか、
少しお話してみたいと思います。




と言っても、僕もまだまだ雑魚なので、参考にならないかもしれません。



最初にはっきりいいますが、僕は、死金と呼ばれる、
何も生まない物にはお金を全く使いません。


例えば、高級マンションとか、高級車とか、ブランドの物とか。


仕事上、ブランド物は必要なときはあるので
持っていない訳ではないのですが、バンバン毎月買うとかは全くありません。


買うならせいぜい、1年に1回あるか、ないか。

住居もある程度、住めればいいですし
(僕は実は綺麗好きで、汚すぎるところはだめです)


食べ物だって、日本にいた頃は会食以外は松屋とか、吉野家とか、大戸屋とか。
(一応健康に気を使ってはいるので、ジャンクすぎはだめ)




あの、有名な投資家ウォーレン・バフェットもマクドナルドを
朝食に毎日食べているから驚き。

(ジャンクすぎるが)



なので、僕も金額を大きく稼いでも、
生活費に使うお金は全く増えることはありません。



でも、日本にいた頃(まだ若い時ですよ)、
高級マンションがどんなもんだか興味があって
一時期住んでみたことがあるんです。


そして、住んでわかったことがあります。



電波が悪い!笑


その時にはすでに自分でビジネスをやっていたので、
もちろん毎日ネットを使っていたのですが・・

電波の入りが悪すぎる。


そのマンションは某有名人が何人も住んでいて、
30階以上ある高層マンションだったんですが、
こんなにも不便なのかと、嫌気がさしてきました。


おまけに、賃料も安くないので、無駄だなと思って、
1年くらいでユニットバスの普通のマンションに引越しをしました。



こういうのは体験してみなければわからないこともあるので、
経験できてよかったと思っています。


しかし、ビジネスに関しては全く別です。



なぜなら、これは生き金だから。


大きなリターンで返ってくるので、こちらには躊躇せず使うようにしています


そして、もう一つ躊躇なくお金を使うものが「知識」です。
知識は水です。



知識っていくら頭に詰め込んでも、無駄にならないんですよ。
しかも、何か大きな結果として返ってくる。



例えば、僕は株をやっているのでその勉強にはたくさんお金を使います。

そうすると、学んでいるから勝てるんですよね。
「前回ミスしたけど、勉強したから今回はわかる!」
といった具合に。


あとは、株だけではなく、
興味があるもの、自分に必要だと思ったコンテンツはすぐに買います。



なので、勉強代で月100万超える時もあれば、
20万とかの月もあるので、まちまちです。



人間って、安定=退化なんです。


何も学ばないと、退化し続けるのみ
毎日進化し続けること


これだけは覚えておいてくださいね。

安定は僕にとって死なので、常に何かしら勉強しています。


あと僕は、海外に住んでいて、
近隣諸国に法人を設立するための市場リサーチなどをしに
海外に飛びまくっているので、その旅費代も使います。




まだまだ、他国にもビジネスをしやすい環境があるので、
結構調査しに行ったりするんですよね。

そこにも惜しまずお金は使います。

だから、僕の生活費は月々大体30万円~50万円。
勉強やビジネスには100万〜1000万くらいですかね。

ビジネスではこれ以上の時ももちろんあります。



人それぞれお金の使い方がありますが、やはり生き金にお金を使うこと。


有名なフランスの小説家がこんなことを言っていました。


金持ちに成っても、金持ちに生まれついても、それで優雅な生活が送れるわけではない。そのセンスが必要なのだ。

バルザック(フランスの小説家 / 1799~1850) Wikipedia


お金を得ても、使い方を間違えてしまえば優雅な生活は送れなくなる物です。

ただ、死金ばかりに使うばかりではなく、
自分の頭にお金を使って知識をつけていくことを僕はお勧めします。



今日は以上です。

ありがとうございました。



メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA