銀行で誰でもVIPになれる秘密とは・・?


こんにちは!

僕は株で月収1000万を稼いでいる、投資家の株タンです。
初めて僕のブログを読む方もいらっしゃるかと思うので、

僕の自己紹介記事はこちらです!良かったらみてください!

CIMBバンクに行った時のこと

今日は、マレーシアの銀行に行った際、
あるアカウントを紹介されたのでそのことについてお話します。

僕はマレーシアに住んでいるので、現地のCIMBバンクという口座を持っているんです。
そしてこの銀行がかなり使い勝手がいいんですよ。

開設したきっかけは、たまたま僕が最初に住んでいたジョホールバルで、CIMBが近くにあったのでそこにしました。

この銀行がどこにでもあるから本当に使いやすいんです。

ちなみにクアラルンプールや僕が住んでいる家の近くにもあるんです。
日本でいう、ゆうちょ銀行や三菱UFJといったところでしょうか。

今回行った理由が僕のJPYアカウントが、
ずっと使っていなかったので凍結されてしまったんです(泣)
なので、口座を正常に戻してもらうためにアクティベートしに
クアラルンプール市内までグラブという配車アプリを使って行ったんですよね。

で、一瞬で戻してもらって帰ろうとしたんですが、
ついでにUSDのアカウントも開設しておこうと思って、
それも合わせてお願いしたんです。通訳なしでですよ。

そしたら、僕の個人情報を見られて、「Much money」とか何か言って(笑)

そしたら、「VIPのアカウントにしますか」と聞かれたんです。
一瞬なんだかわからなかったのですが、要するに、僕をVIP扱いにしてくれるということだったんですよ。

正直なかなか嬉しかったです!

なぜそうなったかというと、おそらく口座残高とかでCIMB側でVIP条件があって、それを満たしていたんでしょうね。

で、VIPアカウントで開設することになったんですが、

VIPは上のフロアということで、どんな感じなのかな〜と思いながら連れて行かれたわけです。

そこにはカードキーがないと入れないところでして、入ると上席の人たち4名がいて、部屋の奥に個室が2部屋ありました。

そのうちの1人に担当してもらい無事開設することができたわけです。
ちなみにそこには、無料でコーヒーとかお菓子があって飲み放題食べ放題でした。

VIPアカウントを作ったらメリットしかなかった

で、今日の話のメインはここからなんですが、
VIPアカウントを開設したら金融の知識があるマネージャーが1人に1人ずつ付くんです。

僕にも開設してくれた人とは別に
後からやってきた女性マネージャーが担当としてついてくれました。

で、日本でいうLINEと同じようなトークアプリ『WhatsApp』の連絡先も教えてくれるんですよ。
マレーシアではこのようなことはよくあって、担当者とかが普通に個人の連絡先としてWhatsAppを教えてくれるんです。

でも、日本だと絶対に違うじゃないですか。企業のメールアドレスと電話のみですよね。銀行の支店長が個別に連絡先を教えてくれてラインに連絡くださいとはならないじゃないですか。

でも、マレーシアではそんなことはなくて、役職ある人でも直で連絡ができるので話が本当に早いんです。

CIMBの他にも、僕はRHBバンクという口座を持っていて、そこでは知り合いに紹介してもらって支店長と連絡先交換して口座を開設できました。

紹介だと余計に話が早いんですね。

支店長の権限でその日のうちに開けられるんです。

で、CIMBバンクでVIPのアカウント開設が無事にできたのですがここですごいメリットを感じたんです。

まず、VIPアカウントになると誰よりも優先されて担当者がつきます。
で、最大のメリットが他の人には公開していない金融商品を公開してくれるんです。

今回は金融商品にお金を入れるつもりで開設しには行っていなかったので今回は見送ったんですよ。

でも、利率のいい商品が結構ありました

もう少し詳細を聞いていいなと思ったらやろうかなと思っています。
マレーシアの定期預金自体も3%とか4%で利率がいいんです。

他には出していないような金融商品も高利回りで安全なので、VIPアカウントにするメリットって結構あるなと感じました。

で、マレーシアってとにかくレスポンスが遅いんですよ。

分外国はみんなそうなのかもしれないんですが、メール送って1週間返ってこないとか当たり前なんですよね。

でも、個人の連絡先もらえて責任がその人になるのですぐにレスが返ってくるんですよね。なので、困ったこともその人に聞けるのですごくいい条件です。

だから、海外で普通のアカウントにするとかなり勿体無いと思います。

僕も今までやってこなかったんでわからなかったんですが、
絶対にVIP扱いにしてもらった方がいいと思いました。

例えばフィリピンとかタイとかは、VIP扱いになると空港で並ばなくていいとか、特殊なルートで飛行機乗れたりとか、かなり優遇されるんです。
対してお金もそんなに持っていなくてもなれるのでとにかくVIPにして有利な条件を引き出した方がいいと思います。

だからもしあなたが銀行でVIP扱いを受けたいとなれば、とにかく銀行側にはよく見せた方がいいです。

いいお客さんと思ってもらった方がいろんないい条件の金融商品を紹介してもらえるんです。

それでまたお金を入れればスーパーVIPになるわけです。
なので、どんどんいい条件をさらに引き出すことができるわけです。

株とかFXで稼いだお金を定期預金に入れると安全に増えていくわけです。

多分日本でも同じだと思います。
僕は日本でもよく銀行から、「金融商品の話をさせてください」、といった連絡がきたり、

「挨拶に伺わせてください」と直筆の手紙が届くんですよ。

多分担当者をつけて何かをしたいんだと思いますけど、それは当然セールスの可能性もありますね。
ただ、日本だと利率もよくないのであまりいいとは思いません。

それより自分でトレードした方が利率がいいと思ってしまうんですが。

海外の場合は安全でかつ何もしなくて利率もよくて、いいかなあと思っているわけです。

これはなんでもそうなんですけど、いいサービスを受けたりとか、
いい条件を引き出すってやっぱり大事だなと思っています。

結局お金があっても、ただ預金しているだけではもったいなくて、
一番いいサービスを受けたりとか、
経験とかに使って行かないともったいないわけです。

今回海外の銀行で初めてVIPアカウントを開設しましたが、
改めて上の条件を引き出せるならどんどんやった方がいいことがわかりました。

若い人が得する

で、僕もネット上でこういった情報を日本語でずっと探していたんですけど誰も出していないんですよ。
なので、多分多くの人がやっていないか、知らないか、知っているけどVIPの条件に該当していないかだと思います。

そして、マレーシアでは若くて自分の会社を持っている人が少ないんです。

だからだいたいおじ様たちがくるらしく僕が行った時もおじさまやおばさまのみでした。

なので、僕が来たことも余計に驚いていたのです。
(自慢でもなんでもありません。。)

だから、若いうちからとそういうサービスを受けられるなら受けといたほうがいいと思います。
マレーシアの他の銀行だと担当者をつけてくれなくて、金融商品の話をずっと聞けなかったんですよ。

通訳をつけて金融商品の話を聞きに行こうかとずっと思っていて、
近くの銀行にいったら担当者がいないとか、

この人に連絡してくれって言われて連絡しても連絡がないとか、
つまりメールの時点では資産を持っているとか照明ができないので、ゴミ扱いされるんですよ。

悲しいですよね。

だからちゃんと口座残高を見せるととVIPになったり、
なれなかったとしても多分自分で申請すればある一定の条件を満たせばVIPになれるはずです。

なので、いける人はどんどんVIPにした方がいいと思います。
もし、金融商品を実際にやることがあればまた紹介しますね。

で、マレーシアって紹介だと話がすごく早いんですよ。

なので、もし同じようにVIPアカウント開設したいって方がいればコメントやライン@に連絡いただければと詳細が決まったタイミングで優先して案内します。

最後に

投資で必要な技術をライン@限定で配信していますので、
登録して今すぐ情報を受け取ってくださいね!

質問などがあれば。ライン@やコメントでも受け付けています。

ライン@登録はこちら

メルマガも配信していますのでぜひこちらから登録してみてください。

メルマガ登録はこちら

Youtubeでも投資のこと、マインドについて話しています。
チャンネル登録してない方はぜひ登録してください。

チャンネル登録はこちら

今日は以上です。ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です