【株・FX・仮想通貨】預金封鎖される前に海外を上手に使わないと資産がなくなります。その理由とは?

はい、どうもこんにちは。株タンです。

今日は預金封鎖される前に海外をうまく使っておかないと資産が減りますよ、という話をしていきたいと思います。

動画でも話していますので、こちらも合わせて確認してみてください。
その際はチャンネル登録も忘れずにしてくださいね!

5年後に日本は新紙幣へ

これは全ての方に伝えたい内容です。

まず、直近5年後に新しい紙幣にします、という発表が日本でありました。
なぜ今発表したか、疑問なんですよね。

これは必ず意図があって、日本政府が国民に対して本当のことを言うことはほぼ100%ありません。ただ、疑われないように表向きは綺麗な言い方をします。

なので、本当に気をつけたほうが良いです。

僕自身はマレーシアに移住していますが、この海外を使うということがまだ悪いと言っている頭の悪い方がいます。
これは大きな勘違いで、海外で使うことは脱税でもありませんし、完全な合法です。

僕はマレーシアで、自分が代表で法人の就労ビザを発行しています。
だから脱税ができないんですよ。なぜかと言うと、2年間の就労ビザで2年おきの更新なんですが、更新する条件が税金を払っていないとビザの更新ができないんです。だから、僕は半強制的にマレーシアに税金を払っています。
なので、脱税のしようもありません。

仮に脱税したらビザの更新がされないんで、マレーシアに2年間しか住めないということになるわけです。それは僕にとってなんのメリットもないのでそんなことはしていません。

ただし、日本とかよりは税金は安いというメリットはあります。
例えば、法人税もそうですがある場所で作ると格安でできることもあります。

移住した先が汚職大国だった

これに関してはマレーシアは色々ルールが変わるんですが、今まで汚職が激しくて、前回の大統領が汚職裏金でやりたい放題やっていて警察もお金でなんとか解決できるような国なんです。

クアラルンプールとか首都に行けばそんなことはないですが、ジョホールバルとか田舎は高速で車を走っても止められないし、もし止められてもお金でなんとかできるらしいです。これは僕もローカルの方に聞きました。僕も車の免許は持っていますが、どうなるかわからないのでグラブというウーバーのようなタクシーしか乗らないです。

なので、運転してないからわかりませんが、ローカルの方曰くまだそういった汚職があるそうです。

そういう国ですが、今は大統領が変わって汚職は一切やめると、いい方向に進んでいっているんです。国民のことを考えて、税金ゼロにしたりとか。サービス料はあるから同じにはなりますけど。

そして以前汚職していた大統領やその息がかかった人たちを芋ずる式に刑務所に入れることをしたんです。ただ、それでは反感を買うということで、今まで汚職していたお金を返せということもしたんです。
そしたら釈放するからということで、その手続きが進んでるらしいです。

僕も詳しい訳ではないので、それぐらいしか知りませんが、汚職でとったお金を返させて国民に還元していくという形で、現在の大統領は国民から支持を得ているんです。すごく良くなって良くなっている国ではあります。

海外に移住するということは覚悟が必要

海外を使うことに対して違法だとか結構勘違いしている人が多いんですが、そんなことはありません。やはり覚悟がいる訳ですよ、そもそも海外に来ることが。

英語が話せないから生活がきついとか思うのと、法人を作っている人はローカルのサポートスタッフがいるんですよ。サポートというのは、決算する時に4〜5人の会社の担当者とやり取りをしなければならないんです。

例えば、税理士とか税金についてサポートしてくれる方とかがいて、そういう方々とは全て英語でやり取りをするんです。

わからなければ、「わかりません」では済まないんですよ。
誰かが教えてくれる訳でもなく、自分で解決しなければならない訳ですから当然英語のやり取りができなきゃいけないんですよ。なので、簡単ではないということです。

簡単に適当な国にいって脱税しているんじゃないかっていうコメントがあって、すごいなこの人ってびっくりしました。僕は合法的に税金も払っています。

僕が22歳の時に、マレーシアのジョホールバルの不動産を買おうと思っていたんですよ。当時はローンが組める話だったんで、買おうと思っていたんですが断念してしまいました。なぜやめたかというと、当時連絡とっていた担当者が信用できなくてやめたんですよ。

それぐらい自分でガンガンやっていて、22歳の頃から日本で長く住むっていうことに疑問を持っていて、過去口座封鎖もあったので。

何日間か使えませんとういう状態が続いて、その後にいきなり口座を止められたんですよね、年配の方はご存知かと思います。1日のおろせる限度額が決まっていたりね、紙幣の価値が下がって、「紙幣を変えます、今までの紙幣の価値は変わります」といきなり言われたりするんですよ。

それが5年後に紙幣を変えますと、発表しているのでそういうことを疑っていかなければなりません。

そして、今マイナンバー制度もあって全てのデータを紐付けしているんですよね。

で、収入がこれだけあるに対して、タンス預金がいくらあるかというのも紐づけられるようにしているんですよ。だから、こういうことをして、、国民のお金を把握して炙り出しをしようと思っているそうです。

日本が紙幣を変えたい本当の意味とは

日本のタンス預金というのは、総額で43兆円あるらしいんですよ。
記事をを見ただけで、実際には数えてないのでわかりませんが、多くの方がですね、自分の銀行銀行口座にお金を入れていないんですよ。
もしくは裏のお金を使っているか、どっちかはわかりませんが。

タンスの回収とか、家を壊した時によくスクラップ場とかで、3000万円の現金が出てきたとか、結構タンス預金をしている人が多い訳ですので43兆円の炙り出しでもあると思うんですよね。

こういう発表でもしないと国民は、銀行に預けるか、使うしかないので、そういう眠ったお金を炙りだすために発表しているというのもあると思います。

これは憶測ではありますが、口座封鎖の可能性もありますし、日本は借金があるのでどこかで返済しなければならない訳です。

そのお金っていうのは国民のお金から返済する以外方法がない訳です。

なので、そういう施策をとっていって国民を驚かせないために徐々に固めていっているんではないかと思っています。
これに関しては僕の意見なので、勝手に言っている陰謀論だって思っていただいてもいいんですが、保険をかけておくに越したことはないと思うんですよ。

例えば、自動車保険もそうですが、「俺は事故なんかしない」と思ってたら事故を起こしてしまって、すごい金額を請求されたと。そういう時のために保険に入る訳じゃないですか。死亡保険だってそうだし、家の保険もそうだし。
そういう時のために保険をかけておくに越したことはないんですよ。あの時、株タンがすごい適当なこと言ってたけど、確かにそういう面もあるなと思う方はどんどん行動した方がいいです。

億万長者が海外に移住するわけ

では、なんで億万長者たちが海外に移住したりするかというと、単純に保険をかけているだけだと思います。

なので、危ないなと思ったら一応そういう保険をかけて海外の法人を作ったりとかそういう選択肢をとっている訳です。
今後はそういう選択肢がさらに広がってくると思います。

もちろん、日本の方が住みやすいとか言葉が通じるとか、海外行きたくないという人もいると思うんですけど、今後外貨でお金を持っている方がいいと僕は思います。これが例えばシンガポールドルを有名なDBS銀行で預金をしておくとか、口座を開設して日本から送金するとか。

これは違法でもなんでもありません。ただの国際送金なので。
口座の中にお金が入っているというのは税金の対象ですから日本は把握している訳です。

そういう風に外貨でお金をためていくことを徐々にやっていった方がいいです。僕自身もマレーシアリンギットと、シンガポールドル、USD立てっていうのをさらに進めて行こうと思っています。

こういうことは自分のお金を守るためにどんどんやっていくべきですし、もし口座封鎖された時に外貨で持っていたら痛くはないですよね。

例えば、シンガポールドルを持っていたとして、日本の紙幣が変わったとしたら、シンガポールドルから日本円に戻した時に新しい紙幣に勝手に戻ってくる訳です。その時の価値で戻って切る訳ですから別に損はしないということです。

なので、そのリスクを考えなければ行けないとういうのをご理解いただければと思います。

新しい紙幣にすることによって見込まれる金額が7700億、500円硬化の対応で4900億、合わせて1兆2600億の需要が見込まれということです。

これは、デザイン変更はあくまでも偽造を防ぐものですと、言っているのですがこれは表向きはそうしているということです。偽造なんて今までいくらでもされてきている訳です。

そして、経済対策ではなく、経済効果については試算していないとのことですが、試算してない訳ないじゃないですか。

要は経済効果がすごくあると見込みができているからやるんです。

そんなことを考えずにやるわけがないんです。例えば、僕たちが自分の会社の商品販売をする時って広告を打ったりするんですよ。広告を打つときに、100万円で広告を打つとなった時にその100万を払って何件のリストが集まって、どれくらい売り上げが見込めるのかって計算した上じゃないと、大規模な広告とか変更ってやらないんです。

僕のような中小企業でも綿密に考えるんですよ。なのに、これだけ大規模な国をあげてお札を変更って経済効果を考えないわけがないんですよね。
ということで、表向きの意見は国民が不安になって慌てないようにに綺麗に言います。

家庭用金庫が売れ始めている

そもそも考えて欲しいのですが、自分たちのお金は銀行に預金していますよね。その預金したお金を銀行側は会社とかに貸付しているわけです。
貸付をしたお金の何%を上乗せした金額を返してくださいというので銀行は儲けているんです。我々のお金でですよ。

しかも、自分たちが貯金したお金をATMとかで引き出すのに、1回108円とか210円取られますけど、自分たちのお金を下ろすだけなのにおかしいですよね。

そういうのをおかしいと思わせないように綺麗にやっているんですよね。

だからそういうことに気づいている方は、タンス預金とかしているんですよ。で、気づき始めた方が増えてきたんで、そのお陰なのか、小さい家庭用の金庫が売れたんですよ。それは多分日本政府は知っているんです。
だから5年後に紙幣買えますよと、炙り出しをしている訳なんですよ。
これを言われたらお金を使わざる得ないか、銀行に一回預けて送金するとか、それを狙っているはずなんですよね。

後から2年後とかに、やっぱり変更しませんという可能性もある訳ですから、本当に保険をかけておいた方がいいです。

例えばマレーシアに行ったとしますよね、移住とか、仕事とか。

で、法人を作った時に、条件として代表取締役がマレーシアにいないと認められないケースがあるんですよ。

法人の申請をして、ここに法人作ります、こんな仕事をしますって英文で提出するんですけど、代表が日本にいたら弾かれる可能性があるんですよね。僕はマレーシアにいるのでそれは問題ないんですが、代表取締役が現地に住む必要があるんです。

それができる人が条件で、それができたら次にどうやって稼ぐかを考える必要があります。例えばマレーシアで飲食店をやるというのもありですが、僕はあまりうまく行かないと思っています。アイディアによっては繁盛しているところもありますが、そもそもローカルの価格じゃないと売れないんですよ。

マレーシア人の食費事情

僕の住んでいるレジデンスの下に日本料理があるんです。

日本料理自体は結構人気なんですが、価格が高いんですよ。ローカルの方ってローカルフードと言われる、少しごちゃごちゃしているエリアで屋台のところで5リンギットくらいで食べられるんですよ。

5リンギットって150円もしないくらいで、一つのご飯が食べられるんです。で、日本料理って大体30リンギットから40リンギットくらいするんです。高級食品ですが美味しいんです。だけど、ローカルの人は寄り付かないんです。

でも日本人からすると30リンギットって800円くらいなんで日本の定食くらいです。

で、その店が人が入らなくて潰れてしまったんです。で、新しい麺の店がオープンすることになったんですが、値段はすごく落としていたんです。

そしたらすごい人が入っていたんです。要するに、飲食店は価格を落とさないとあまり売れないです。ローカル価格で儲かるので、日本の感覚でビジネスをやるとあまり儲からないです。

じゃあ何がいいかというと、やっぱり日本円で稼ぐ、USDで稼ぐとなるとずば抜けて投資なんです。

勉強して投資を学んだ方がいい理由

投資の技術がないと海外で生活をする、ビジネスをするというのがあまり成り立たないんです。だからそのために投資の技術を今から種まきをして学ばなきゃいけないんですよ。

で、孫さんがビットコインに投資して145億円の損失をしたという有名なニュースがあったんですけど、2017年の後半に購入して、相場が急落して2018年の早い時期に売却して損失をだしたということなんですが孫さんは当然ビジネスマンなので、投資におけるテクニカルの判断ができていなかった訳ですね。

それは悪いとかではなく、孫さんは米投資会社のススメで買ったんですよね。

投資っていうのは誰かが言ったからとかではなく、自分の売買判断でしなくてはならないんです。

やっぱり、投資というのはテクニカルを知っている人が強いんですよ。僕はビットコインが2017年くらいにてっぺんから下落した時があって、その時空売りを入れていたんですが、やっぱりチャートが読めるとそういうことができる訳ですよ。

資産を大量に蓄えるためには、テクニカルが読めなきゃいけない。逆にテクニカルが読めるんだったらすごく短期間で大きなお金を稼ぐことができるし海外を利用しながら稼いで行くこともできる訳です。

海外の移住とか銀行口座はセットで投資っていうのは覚えていく必要があるということです。

早い段階で気づけると本当にいいんじゃないかなと思います。まだ、気づいていない方や、日本は大丈夫でしょと言っている方いますけど、そんなことはないですよ。

僕は22歳から口座封鎖がされるんじゃないかというのを勉強してを知っていて、リスクがあるなと思って動いていたんです。

その頃から、動いている人は海外に資産を合法的に逃しているんですよ。何が起こっても大丈夫な状態にすでにしています。あから、そういう人たちが将来お金を残すんじゃないかと思っています。今から対策をしておくのがいいと思います。

預金封鎖が起こる前に保険をかけておく必要がある訳です。

自分たちの手では追えないような、権力ある人たちが動かすことを、我々が何かを言っても動かない訳ですから自分たちで一生懸命動くしかないんです。

早い段階から投資の技術を学んでおいた方がいいに決まっているんですよ。

それがいつ花が開くかというのは自分の努力と自分次第なのでわからないんですが、早いうちにやっておくに越したことはないです。


最後に

ぜひ僕のライン@に登録して投資について学んでいただいて種まきをしていただくのがいいんじゃないかと思います。

ライン@登録はこちら

メルマガも配信していますのでぜひこちらから登録してみてください。

メルマガ登録はこちら

ブログの内容はYoutubeでも話しています。チャンネル登録してない方はぜひ登録してください。

チャンネル登録はこちら

今日は以上です。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です